Written by: admin物価が高騰しても安心の変額年金

日本は、将来、少子高齢化が進むようになり、年金を受け取るお年寄りが多くなったといわれています。このような状態では、年金支給額が減るようになり、さらに、年金支給年齢についても上がるようになるといわれています。

老後の生活においてほとんどの人は、ゆとりが持てなくなっているといってよいでしょう。そのことから、今後は、自分で足りなくなる年金づくりを行なう必要があるのですが、景気があまりよくない日本においては年金づくりが簡単ではなくなっているのです。

将来、足りなくなってしまう公的年金を補う方法としては、私的年金の活用が行われるようになっています。私的年金では、企業が行う企業年金や生命保険会社が扱っている個人年金保険がよく活用されています。

個人年金保険は、契約した時に受け取ることができる年金額が決まっていることが特徴です。年金契約が立てやすいため、公的年金を補う方法として注目されるようになっています。

しかし、個人年金保険は、定額年金であるため、インフレになった場合は対応できないことをデメリットとしています。そこで、最近は、物価が上がっても対応できるように変額年金が活用されています。変額年金は、物価が高騰しても安心できるため、老後の生活においてゆとりをつくるには最適とされています。

Written by: admin時間的リスクをコントロールする

長期投資というのは一般にリスクが低いものであるとされています。実は、この表現というのは片面の真実であり、正しくその実状を示しているものとは言いにくいでしょう。というのも、長期投資というのは本来リスクが高いものであるためです。どういうことなのか、簡単に解説して行きましょう。

長期投資というのは文字通り長い期間を掛けて投資を行っていくという方法です。つまり、時間がかかるに連れて、時間的リスクというものが増えていくということでもあります。というのも、1年間なら問題なく運営される企業でも、それが20年30年となるとそうとは限らないためです。国債などでも同じことで、やはり長い時間を掛けた時に今と同じような状況であるという保障はありません。これが時間的リスクです。

長期投資はこの時間的リスクの存在があるため、本質的にはリスクが高い存在であると言えます。しかし、同時にこれらのリスク以外の部分についてはリスクが低い投資でもあります。そうであれば、時間的リスクを上手くコントロールすることさえ出来れば、低リスクな投資方法として利用することが出来るということです。

幸いにして時間的リスクは分散投資によって簡単にコントロールが可能です。

長期投資に関する最新ニュースを絶賛配信中!

Written by: admin信頼できるIFAを選ぼう

日本の個人投資家はマザーファンドと契約するのであればIFAという独立系ファイナンシャル・アドバイザーに仲介してもらう必要があります。

香港などの海外のIFAは日本における営業活動は金融庁より禁じられています。そのため、日本から海外のファンドの情報は取得することがなかなか難しいのです。また、香港には正規代理店を行うIFAは実に200社以上あります。多くは良心的な信頼のできるIFAですが、中にはSFCという香港証券先物委員会のライセンスをなく営業している業者もあります。このような業者は詐欺行為を働くことがあり、見分けて契約しないようにしなくてはなりません。
では、信頼できるIFAをどのように見分ければ良いのでしょうか。

まず、ファンド会社と直接代理店契約を締結しているかどうかの確認をしましょう。一番確実なのはファンド会社に連絡するかホームページで照会することです。

そしてクライアントのお金を直接利用するかしないかです。投資の資金は契約したファンドへ直接送金することが原則なので、一旦IFAの口座に振り込むように言われた際には注意です。

そして営業ライセンスの有無を確認しましょう。CIB/PIBAライセンスとSFCライセンスの2つがありますので、その有無は確認することをお勧めします。