Written by: admin安定した資金づくりができる不動産経営

団塊世代が会社を退職してから65歳以上のお年寄りが多くなり、日本では、少子高齢化が進むようになっています。このような状態では、老後の生活にゆとりがもてなくなるため、自分で資金づくりを行わないと、将来においては苦労するようになるといわれています。

いま老後の生活にゆとりをもつために、自分で年金づくりを行なう必要があるとされています。しかし、年金づくりにおいては景気があまりよくないため、銀行預金や株式投資では効果的な資金づくりができないといってよいでしょう。

最近は、もっと大きな資金がつくれるような投資の活用が行われるようになっています。投資であるなら、短い時間でも大きな資金がつくれるようになります。そのことから、投資を行なう人が多くなっていますが、投資は一般的にリスクが高いことが問題とされています。

最近は、低リスクで行なうことができる不動産投資が注目されています。不動産投資では、売買による利益や賃貸によって利益を得ることができます。景気がよくない現在で売買益が期待できないため、賃貸による家賃収入によって収益を得るといったことが増えているのです。

この方法では、比較的に安定した投資ができるため、今後、資金づくりとして活用されるようになっています。

Written by: admin単利と複利の違いを理解した投資を

投資や資産運用などにおいて重要なのが、利回りの計算です。どれぐらいの資産運用効果があるのか、ということを把握しておくことが、その後の資産運用の成否を分けることになります。そこでここでは、利回りの計算式の種類について考えていきたいと思います。

利回りの計算には、単利式と複利式という二つの種類があります。この二つはどのような違いがあるのでしょうか?どちらを利用することで、より大きな利益をあげられるのか、ということについても考えていきたいと思います。

まず単利についてですが、単利というのは投資した金額にのみ利率が付いているというものです。つまり、100万円投資したとすれば、1年目も2年目もつくのは決まった金額ということになります。10%単利であれば、30年で400万円の金利が付くことになるのが単利式です。

対して複利式は、最初の一年は同じですが、二年目以降は利子で得られた分についても利子計算の対象となります。つまり、1年目に110万円になった場合、2年目にはそれの10%である11万円が利子としてつき、121万円になることになります。さらに次の年には121万円をベースに計算して12万1千円が利子として付く・・・ということになります。

Written by: admin不動産投資のリスクとリターン

不動産投資に関わらず、すべての投資・資産運用にはリスクとリターンがあります。日本人のほとんどの方は銀行や郵便局に口座を作っていますが、普通預金にしろ、表面的には元本確保型の資産運用方法とはいえ、値上がりした際には資産は目減りしますので、逆にそれがリスクとなりますが、それと同じように、すべての投資商品には大なり小なりリターンが期待でき、それに比例してリスクもあります。

不動産投資はどうなのでしょうか。賃料の下落があったり、空室などによって予定していた収益が見込めなくなってしまうことがあるほか、不動産価値自体が下落してしまう恐れがあります。最悪の場合は地震や津波などの自然災害によって建物が壊滅してしまうリスクもあります。

ただし、自然災害のリスクは可能性の少ないことですので、それ以外の部分のデメリットを考えても基本的には建物がある以上は資産価値がゼロになることがありません。その点では、倒産したら価値がゼロになってしまう株式投資のようなリスクはないと言えます。

また、一度入居者が入ってしまえばしばらくは毎月安定して家賃収入がありますので、このようなリスクとリターンを考えればミドルリスク・ミドルリターンと言えます。

不動産投資は相続税対策にも効果的です。詳しくは以下をご覧ください。
マンション投資の有用性を徹底解説!
2015年の相続増税に備えたい方必見です。

Written by: admin分散投資の魅力と具体例

投資の鉄則として、分散投資という手法があります。

これは一つの銘柄や商品のみに投資するのではなく、複数の商品などに投資する方法のことを指します。

鉄則と言われている理由は、リスクを分散することが出来るからです。具体的にどういったメリットがあるのでしょうか。

ここでは一つ具体例を提示してご説明します。

投資に興味があり、それぞれ1,000万円の投資元本を持っているAさんとBさんがいます。Aさんは堅実家で、投資商品も4銘柄購入しました。それぞれ購入した銘柄はア社、イ社、ウ社、エ社で、割合は25%ずつです。

一方Bさんは楽天家でア社の銘柄のみ購入しました。

株式を購入した一週間後、ア社が不祥事を起こしてしまい、株価が半額にまで暴落してしまいました。

Aさんはア社の銘柄を25%つまり250万円購入していたので、125万円にまで価値が落ちてしまいました。

一方でBさんは1,000万円でア社の株式を購入してしまったので、価値は500万円になってしまいました。

この場合、Aさんの損失は125万円に対し、Bさんの損失は500万円とおよそ4倍近くも被害を受けています。

分散投資のメリットはここにあります。仮に株価が暴落しても、ダメージを最小限に抑えることができるということです。

Written by: admin物価が高騰しても安心の変額年金

日本は、将来、少子高齢化が進むようになり、年金を受け取るお年寄りが多くなったといわれています。このような状態では、年金支給額が減るようになり、さらに、年金支給年齢についても上がるようになるといわれています。

老後の生活においてほとんどの人は、ゆとりが持てなくなっているといってよいでしょう。そのことから、今後は、自分で足りなくなる年金づくりを行なう必要があるのですが、景気があまりよくない日本においては年金づくりが簡単ではなくなっているのです。

将来、足りなくなってしまう公的年金を補う方法としては、私的年金の活用が行われるようになっています。私的年金では、企業が行う企業年金や生命保険会社が扱っている個人年金保険がよく活用されています。

個人年金保険は、契約した時に受け取ることができる年金額が決まっていることが特徴です。年金契約が立てやすいため、公的年金を補う方法として注目されるようになっています。

しかし、個人年金保険は、定額年金であるため、インフレになった場合は対応できないことをデメリットとしています。そこで、最近は、物価が上がっても対応できるように変額年金が活用されています。変額年金は、物価が高騰しても安心できるため、老後の生活においてゆとりをつくるには最適とされています。

Written by: admin時間的リスクをコントロールする

長期投資というのは一般にリスクが低いものであるとされています。実は、この表現というのは片面の真実であり、正しくその実状を示しているものとは言いにくいでしょう。というのも、長期投資というのは本来リスクが高いものであるためです。どういうことなのか、簡単に解説して行きましょう。

長期投資というのは文字通り長い期間を掛けて投資を行っていくという方法です。つまり、時間がかかるに連れて、時間的リスクというものが増えていくということでもあります。というのも、1年間なら問題なく運営される企業でも、それが20年30年となるとそうとは限らないためです。国債などでも同じことで、やはり長い時間を掛けた時に今と同じような状況であるという保障はありません。これが時間的リスクです。

長期投資はこの時間的リスクの存在があるため、本質的にはリスクが高い存在であると言えます。しかし、同時にこれらのリスク以外の部分についてはリスクが低い投資でもあります。そうであれば、時間的リスクを上手くコントロールすることさえ出来れば、低リスクな投資方法として利用することが出来るということです。

幸いにして時間的リスクは分散投資によって簡単にコントロールが可能です。

長期投資に関する最新ニュースを絶賛配信中!

Written by: admin信頼できるIFAを選ぼう

日本の個人投資家はマザーファンドと契約するのであればIFAという独立系ファイナンシャル・アドバイザーに仲介してもらう必要があります。

香港などの海外のIFAは日本における営業活動は金融庁より禁じられています。そのため、日本から海外のファンドの情報は取得することがなかなか難しいのです。また、香港には正規代理店を行うIFAは実に200社以上あります。多くは良心的な信頼のできるIFAですが、中にはSFCという香港証券先物委員会のライセンスをなく営業している業者もあります。このような業者は詐欺行為を働くことがあり、見分けて契約しないようにしなくてはなりません。
では、信頼できるIFAをどのように見分ければ良いのでしょうか。

まず、ファンド会社と直接代理店契約を締結しているかどうかの確認をしましょう。一番確実なのはファンド会社に連絡するかホームページで照会することです。

そしてクライアントのお金を直接利用するかしないかです。投資の資金は契約したファンドへ直接送金することが原則なので、一旦IFAの口座に振り込むように言われた際には注意です。

そして営業ライセンスの有無を確認しましょう。CIB/PIBAライセンスとSFCライセンスの2つがありますので、その有無は確認することをお勧めします。